全部で63問 挑戦中

相続・事業承継

問題

相続税評価額

Aさんは、平成25年4月に、父親が所有している戸建て住宅(第三者であるBさんに賃貸している)とその敷地(土地)のうち、戸建て住宅の贈与を受け、敷地は父親から使用貸借により借り受けた。その後、平成29年4月に父親が死亡し、相続が開始した。父親の相続開始時点の敷地の自用地価額等が下記の〈資料〉のとおりであった場合、父親の相続に係る相続税額の計算上、当該敷地の相続税評価額として、次のうち最も適切なものはどれか。
 なお、相続開始時点の戸建て住宅の借主は引き続きBさんであり、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」は考慮しないものとする。

〈資料〉
・敷地(土地)の自用地価額:3,000万円
・借地権割合:60%
・借家権割合:30%
・賃貸割合:100%
  • (1)

    • 1,200万円

    • 1,800万円

    • 2,460万円

    • 3,000万円