全部で50問 挑戦中

章なし

問題

賃貸借契約の更新に関する次の記述のうち、最も不適切なものは どれか。

  • (1)

    • 賃貸借契約を合意更新する場合、当事者間に特別の約束がない限り、契約 終了前6ヵ月時点での通知等の特別の手続は不要であり、契約期間満了まで の間に当事者間で協議し、契約条件を定めて合意すればよい。

    • 賃貸借契約書に更新料条項がなくても、借主(消費者)が口頭で更新料の 支払を了解した場合には、更新料の額が高額に過ぎる等の特段の事情のない 限り、当該合意は消費者契約法第 10 条に違反するものではないから、貸主 は更新料を請求することができる。

    • 建物賃貸借契約が法定更新されると、期間の定めのない賃貸借契約となる ため、法定更新以降、当事者間で別途、契約期間の定めをしない限り、契約 の更新は生じなくなる。

    • 賃貸住宅管理業者登録制度では、賃貸住宅管理業者は、更新事務を行うに あたり、借主に対し、更新後の期間、更新後の賃料の額、支払時期、及び方 法等を記載した書面を交付しなければならない。