全部で50問 挑戦中

章なし

問題

給水設備・給湯設備

給水設備・給湯設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

※公式テキストの文章に依拠して問題文を作成したが、テキストの文章の内容に正確を欠く部分があり2つの選択肢を不適切なものとして取り扱うこととした。
  • (1)

    • 給湯設備における局所式は、建物の屋上や地下の機械室に熱源機器と貯湯タンクを設け、建物各所へ配管して給湯する方式である。

    • 増圧直結方式は、水道本管から分岐して引き込んだ上水を増圧給水ポンプで各住戸へ直接給水する方式であり、中規模以下のマンションやビルを対象とする方式である。

    • 給水設備の水槽内にあるボールタップや電極棒が故障すると、水がオーバーフローとなり放水状態に陥って、常に給水ポンプが作動し、騒音の発生だけでなく、余分な電気代がかかることがある。

    • 塩ビ管は、強靭性、耐衝撃性、耐火性で鋼管より劣るが、軽量で耐食性に優れている。