全部で10問 挑戦中

章なし

問題

借主の退去及び残置物の所有権の放棄に関する次の記述のうち、 最も適切なものはどれか。

  • (1)

    • 賃貸借契約書に「借主が契約終了後1ヵ月以内に退去しない場合には、貸 主は鍵を交換することができる。」という規定がある場合、貸主は、借主が 契約終了後1ヵ月以内に退去しないときは、鍵を交換することができる。

    • 借主から退去前に取得した「借主は退去後の残置物については所有権を放 棄する。」という念書がある場合、貸主は、借主が粗大ゴミを残して退去し たときは、これを処分することができる。

    • 賃貸借契約書に「借主が賃料を滞納した場合には、貸主は鍵を交換するこ とができる。」という規定がある場合、貸主は、借主が賃料を滞納したとき は、鍵を交換することができる。

    • 賃貸借契約書に「借主が無断で1ヵ月以上不在のときは、契約が解除され、 借主は室内の遺留品について所有権を放棄する。」という規定がある場合、 貸主は、借主が長期不在となったときは、室内の遺留品を処分することがで きる。