全部で10問 挑戦中

章なし

問題

宇宙膨張に関する次の文章を読み、下の問いに答えよ。

[(a)3K宇宙背景放射(宇宙背景放射)]の観測などにより、宇宙膨張の様子がわかってきた。観則される光の波長は放射されたときの値λから⊿λだけ宇宙膨張によって長くなるので、[(b)赤方偏移z = ⊿λの光は宇宙が現在の大きさの(1+z)分の1であった時期に放射された ]ことになる。星の進化の最終段階の一つである[ ア ]には最大光度がほぼ一定の種類があるので、[ イ ]から距離を決めることができる。また、[(c)遠方天体の距離がわかれば、その天体の光が放射された時期がわかる。このような観測から、過去には減速していた宇宙膨張が現在では加速していることがわかってきた。]
上の文章中の下線部(a)・(b)に関連して、宇宙の大きさが現在の1000分の1であった時期(宇宙の晴れ上がり)に起こったことを述べた文として最も適当なものをの選択肢のうちから一つ選べ。
  • (1)

    • 陽子や電子が形成された。

    • 陽子と電子が結合して、中性の水素原子が形成された。

    • ヘリウムよりも重い元素を含む分子雲が形成された。

    • 密度ゆらぎが成長して、銀河や銀河団が形成された。