全部で20問 挑戦中

章なし

問題

世界史上の軍隊について述べた次の文章を読み、下の問いに答えよ。

東アジアで発明され、ヨーロッパで改良された火器は、16世紀に再び東アジアにもたらされ、軍隊や戦術を大きく変えた。戦国時代の日本では、鉄砲が急速に広まったが、堅固な城壁を持つ[ ③都市 ]が発達していた中国では、ヨーロッパ式大砲も普及した。清(当初は後金)の建国の記録『満州実録』には、[ ア ]の軍隊が大砲や小銃などの火器を多数装備している様が描かれている。清側も、[ ア ]の火器や城塞に対抗するため、主力軍隊である[ イ ]の中に、投降した漢人による砲兵部隊を創設した。しかし、野戦ではなお騎兵が有効であり、清と[ ④遊牧国家ジュンガルとの戦争は、騎兵と火器の双方を用いて戦われた。
[ ④ ]について述べた次の文a〜cが、年代の古いものから順に正しく配列されているものを、下の選択肢のうちから一つ選べ。
a 西遼(カラ=キタイ)が、中央アジアで成立した。
b 突廠が、エフタルを滅ぼした。
c アッティラが、パンノニアを中心に帝国を建てた。
  • (1)

    • a → b → c

    • a → c → b

    • b → c → a

    • b → a → c

    • c → a → b

    • c → b → a