全部で50問 挑戦中

章なし

問題

世界史上の植民地の形成や拡大及びその支配のあり方について述べた次の文章を読み、下の問いに答えよ。

17世紀以降、オランダは、香辛料貿易の拠点を求めて④東南アジアに進出したが、やがてコーヒーや砂糖などを生産するための⑤植民地建設へと移行していく。財政危機に陥った19世紀前半には、ジャワ島の住民を使役してこれらの作物を生産させ、安い価格で独占的に買い上げる[ ア ]を導入した。この制度は19世紀末までにほぼ終了したが、その後もオランダ資本によるプランテーション開発が行われた。その結果、植民地統治下のジャワ島では[ イ ]が一層進展し、商品作物の生産と輸出に依存する経済構造が強まった。
下線部④の歴史について述べた文として正しいものを次の選択肢のうちから一つ選べ。
  • (1)

    • アキノ(コラソン=アキノ)が、マレーシアの首相となった。

    • マラッカ王国が、キリスト教を受容した。

    • ビルマ(ミャンマー)で、アユタヤ朝が成立した。

    • ベトナムで、院朝が成立した。