全部で20問 挑戦中

章なし

問題

世界史上の植民地の形成や拡大及びその支配のあり方について述べた次の文章を読み、下の問いに答えよ。

①イギリス帝国は、文化、言語、慣習などがそれぞれ異なる多様な領域から構成されていた。その統治形態も、自治領や植民地、国際連盟の委任統治領など、地域とその歴史に応じて様々であった。このような帝国を一つにまとめていたものとして、叙勲制度がある。聖ミカエル=聖ジョージ勲章は、本国出身の総督だけでなく、各植民地のエリートにも授与された。②インドを対象に、インド星章のような新たな勲章が特別に創設されたのも、イギリス人とインド人とを結束させるためだった。さらに20世紀前半にはイギリス帝国勲章が設けられたのである。しかしその頃より③帝国から植民地が自立する傾向が強まっていく
下線部②の歴史について述べた文として正しいものを、次の選択肢のうちから一つ選べ。
  • (1)

    • マウリヤ朝では、イスラーム教が保護された。

    • グプタ朝が、南インドを中心に成立した。

    • ヴィクトリア女王を皇帝とするインド帝国が成立した。

    • ホセ=リサールが、独立運動を指導した。