全部で50問 挑戦中

章なし

問題

原始・古代の農業と社会の変化に関する次の文章を読み、下の問いに答えよ。(史料は、一部省略したり、書き改めたりしたところもある。)

律令国家は勧農(農業の奨励)につとめた。石川県加茂遺跡からは、農民は早朝から晩まで農作業に従事すべきこと、[ ⓓ 灌漑施設 ]を修復すべきこと、5月末までに田植えを終えるべきとと、などを告知した849(嘉祥2)年2月付けの木簡が出土している。
また、[ ⓔ 郡司 ]の活動拠点とみられる遺跡などからは、種籾の管理・保管のために使用された木簡が出土している。それらには多彩な稲の品種が書かれており、すでに古代から早稲・中稲・晩稲の違いがあった可能性もでてきた。田植えや収穫の時期をずらして、農繁期の労働力を確保したり、風水害や病虫害による全滅の危険性を回避したりしたと考えられている。
10世紀になると、国家の勧農機能は低下し、地方豪族や田堵などの富豪百姓が勧農に大きな役割を果たすようになった。彼らは土地の開発につとめ、[ ⓕ 11世紀には開発領主として中央貴族などに所領を寄進する者も現れた。]
[ ⓓ ]に関連して、奈良時代の濯蹴施設に関して述べた次の文X・Yについて、その正誤の組合せとして正しいものを、下の選択肢のうちから一つ選べ。
X 三世一身法では、既存の濯概施設を利用して開墾した場合、開墾者本人一代に限って墾田の所有が認められた。
Y 行基は、灌漑施設を整備するなど、さまざまな社会事業を行いながら、仏教の教えを広めた。
  • (1)

    • a一正 bー正

    • a一正 b−誤

    • a−誤 b一正

    • a−誤 b−誤