全部で50問 挑戦中

章なし

問題

中世から近世初期までの政治・社会・文化に関する次の文章を読み、下の問いに答えよ。(史料は、一部省略したり、書き改めたりしたところもある。)

 1467(応仁元)年、幕府管領家である畠山・斯波両家の相続争いと、将軍家の相続争いが結びつき、諸大名をまきこむ応仁の乱が勃発した。それに引き続いて起こった地方の争乱のなかから、新たな支配者である戦国大名が登場した。彼らのなかには、ⓒ家臣団の統制や流通の円滑化をはかるため、法を定める者があった(史料1、史料2)。
 戦国時代から近世初期の戦闘方法に注目すると、『長篠合戦図扉風』に描かれた鉄砲隊のように、ⓓヨーロッパ人の日本への来航の影響による変化があった。また、この時期には城に毛変化がみられた。ⓔ防御を優先した山城から、政治経済などの利便性を優先して、城下町をもった平山城・平城へと変化し、大きな石を積み上げた石垣で囲まれるようになった。

下線部ⓒに関して述べた次の文a〜dについて、正しいものの組合せを、下のの選択肢のうちから一つ選べ。
a 史料1では、所領をもつ家臣が乗谷に住むことを定めている。
b 史料1では、家臣が自身の所領内に城を築くことを定めている。
c 史料2では、1か月に6回、市を開く日を定めている。
d 史料2では、この市での取引に課税するよう定めている。
  • (1)

    • a・c

    • a・d

    • b・c

    • b・d

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    a 正しい。
    b 誤り。史料に「城郭を構えさせまじく候」とある。「城を築いてはならない」と定めた。
    c 正しい。
    d 誤り。史料に「諸役(市税)は一切これあるべからず」とある。「課税しない」と定めた。