全部で20問 挑戦中

章なし

問題

図1のように、発振器につながれた二つのスピーカ−AおよびBを、十分離して向かい合わせに置き、振動数f0の音を発生させた。音速をVとし、風は吹いていないものとする。

スピーカ−A,Bの間で、図1の破線に沿って音の干渉を観測したところ、音が最も強めあう点が等間隔Lで存在した。Lを表す式として正しいものを、次の選択肢のうちから一つ選べ。

  • (1)

    • 1

    • 2

    • 3

    • 4

    • 5