全部で24問 挑戦中

章なし

問題

図1のように、鉛直な壁面、半径Rの円筒面、水平な天井面がなめらかにつながっている。質量mの小物体を点0から速さυ0で鉛直上方に打ち出したところ、小物体は距離hだけ壁面に沿って運動した後、円筒面に沿って運動し、点Aを通過した。ただし、すべての面はなめらかであるものとする。また、重力加速度の大きさをgとする。

小物体が点Aを通過するための、VAの最小値を表す式として正しいものを、次の①〜⑦のうちからつ選べ。

  • (1)

    • 1

    • 2

    • 3

    • 4

    • 5

    • 6

    • 7