全部で20問 挑戦中

保険医療サービス分野

問題

高齢者の飲酒問題に関して適切なものはどれか。3つ選べ。

  • (1)

    • 退職や配偶者の死をきっかけに、飲酒問題が顕在化する場合がある。

    • アルコール依存症は、本人の意志や性格の問題である。

    • 高齢者の過度の飲酒は、脳血管障害、骨折、認知症のリスク因子である。

    • アルコール依存症は、飲酒をやめれば能力障害が生じないと判断されているため、精神障害者保健福祉手帳の対象外である。

    • 家族関係が希薄な場合には、飲酒問題に気づくのが遅れることがある。