総所得金額

総所得金額に関する問題の一覧です。出題傾向を把握したり、出題頻度を確認して、効率的に勉強しよう!

総所得金額の出題頻度

38%

公開中の16テストにつき6回出題

出題頻度は高いです。3回に一回以上出題されています。正解できると合格率がUP!何度も挑戦しましょう!

「総所得金額」に関する問題一覧

以下のリストは表示専用です。総所得金額に関する問題を解く場合は「問題を解く」ボタンを押してください。

  1. (1)Aさん(居住者)の2022年分の各種所得の収入金額等が下記のとおりであった場合の総所得金額として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

    2022年9月過去問

  2. (2)居住者であるAさんの平成29年分の各種所得の金額が下記のとおりであった場合の総所得金額として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとし、▲が付された所得金額は、その所得に損失が発生していることを意味するものとする。

    2017年9月過去問

  3. (3)居住者であるAさんの2020年分の各種所得の金額が下記のとおりであった場合の総所得金額として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとし、▲が付された所得金額は、その所得に損失が発生していることを意味するものとする。

    2021年5月過去問

  4. (4)居住者であるAさんの2021年分の各種所得の収入金額等が下記のとおりであった場合の総所得金額として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、Aさんは青色申告を行っていないものとし、記載のない事項については考慮しないものとする。

    2022年1月過去問

  5. (5)居住者であるAさんの2019年分の各種所得の収入金額等が下記のとおりであった場合の総所得金額として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、Aさんは青色申告を行っていないものとし、記載のない事項については考慮しないものとする。

    2019年9月過去問

  6. (6)居住者であるAさんの平成30年分の各種所得の収入金額等が下記のとおりであった場合の総所得金額として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、Aさんは青色申告を行っていないものとし、記載のない事項については考慮しないものとする。

    2019年1月過去問