相続税

相続税に関する問題の一覧です。出題傾向を把握したり、出題頻度を確認して、効率的に勉強しよう!

相続税の出題頻度

41%

公開中の22テストにつき9回出題

出題頻度は高いです。3回に一回以上出題されています。正解できると合格率がUP!何度も挑戦しましょう!

「相続税」に関する問題一覧

以下のリストは表示専用です。相続税に関する問題を解く場合は「問題を解く」ボタンを押してください。

  1. (1)相続税における家屋等の評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    2020年(令和2年)9月 過去問

  2. (2)相続税の計算に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問において、相続の放棄をした者はいないものとする。

    2023年(令和5年)1月 過去問

  3. (3)宅地および宅地の上に存する権利の相続税における評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、評価の対象となる宅地は、借地権(建物等の所有を目的とする地上権または賃借権)の設定に際し、その設定の対価として通常権利金その他の一時金を支払う「借地権の取引慣行のある地域」にあるものとする。また、宅地の上に存する権利は、定期借地権および一時使用目的の借地権等を除くものとする

    2022年(令和4年)9月 過去問

  4. (4)相続税における宅地の評価に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    2019年(令和元年)5月 過去問

  5. (5)相続税の計算に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    2022年(令和4年)5月 過去問

  6. (6)宅地および宅地の上に存する権利に係る相続税における評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、評価の対象となる宅地は、借地権の取引慣行のある地域にあるものとする。また、宅地の上に存する権利は、定期借地権および一時使用目的の借地権等を除くものとする。

    2021年(令和3年)1月 過去問

  7. (7)相続税における家屋等の評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    2021年(令和3年)5月 過去問

  8. (8)相続税における宅地の評価に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    2021年(令和3年)1月 過去問

  9. (9)相続税の課税財産と非課税財産に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    2018年(平成30年)1月 過去問[解説付き]