相続税評価額

相続税評価額に関する問題の一覧です。出題傾向を把握したり、出題頻度を確認して、効率的に勉強しよう!

相続税評価額の出題頻度

26%

公開中の23テストにつき6回出題

出題頻度は低いです。時間があれば、点数を底上げできるように、何度か挑戦してみましょう!

「相続税評価額」に関する問題一覧

以下のリストは表示専用です。相続税評価額に関する問題を解く場合は「問題を解く」ボタンを押してください。

  1. (1)下記<資料>に基づき、賃貸の用に供しているマンション(家屋)の相続税評価額として、最も適切なものはどれか。

    <資料>マンションの概要

    2018年(平成30年)9月 過去問[解説付き]

  2. (2)普通住宅地区に所在している下記<資料>の宅地の相続税評価額(自用地評価額)として、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

    <資料>

    2022年(令和4年)5月 過去問

  3. (3)宅地の相続税評価額の算定方法等に関する次の記述の空欄( ア )~( ウ )にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

    ・宅地の相続税評価額の算定方法には、路線価方式や倍率方式がある。路線価方式とは、その宅地の面する路線に付された路線価を基とし、宅地の奥行距離や道路付けの状況等に応じた画地調整率により補正した後に、その宅地の面積を乗じて計算した金額によって評価する方式である。一方、倍率方式とは、宅地の固定資産税評価額に( ア )が一定の地域ごとに定めた倍率を乗じて計算した金額によって評価する方式である。<br>・宅地の相続対策の1つとして、生前贈与が挙げられる。宅地の贈与を受けた場合、贈与税額の計算上、その宅地の価額は、原則として( イ )によって評価する。ただし、負担付贈与により宅地を取得した場合、贈与税額の計算上、その宅地の価額は、( ウ )によって評価する。

    2022年(令和4年)9月 過去問

  4. (4)2021年10月11日(月)に死亡した被相続人が保有していた上場株式の1株当たりの相続税評価額として、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

    <上場株式1株当たりの最終価格等>

    2022年(令和4年)1月 過去問

  5. (5)普通住宅地区に所在している下記<資料>の宅地の相続税評価額(自用地評価額)として、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

    2021年(令和3年)5月 過去問

  6. (6)下記の甲宅地の相続税評価額として、最も適切なものはどれか。なお、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」は考慮しないものとする。

    2016年(平成28年)1月 過去問[解説付き]