宅地建物取引業法

宅地建物取引業法に関する問題の一覧です。出題傾向を把握したり、出題頻度を確認して、効率的に勉強しよう!

宅地建物取引業法の出題頻度

27%

公開中の22テストにつき6回出題

出題頻度は低いです。時間があれば、点数を底上げできるように、何度か挑戦してみましょう!

「宅地建物取引業法」に関する問題一覧

以下のリストは表示専用です。宅地建物取引業法に関する問題を解く場合は「問題を解く」ボタンを押してください。

  1. (1)宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、買主は宅地建物取引業者ではないものとする。

    2021年(令和3年)5月 過去問

  2. (2)宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、本問においては、買主は宅地建物取引業者ではないものとする。

    2018年(平成30年)9月 過去問[解説付き]

  3. (3)宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、買主は宅地建物取引業者ではないものとする。

    2019年(令和元年)5月 過去問

  4. (4)宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    2017年(平成29年)9月 過去問[解説付き]

  5. (5)宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、買主は宅地建物取引業者ではないものとする。

    2023年(令和5年)5月 過去問

  6. (6)宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問においては、買主は宅地建物取引業者ではないものとする。

    2018年(平成30年)1月 過去問[解説付き]