国民年金

国民年金に関する問題の一覧です。出題傾向を把握したり、出題頻度を確認して、効率的に勉強しよう!

国民年金の出題頻度

30%

公開中の23テストにつき7回出題

出題頻度は高いです。3回に一回以上出題されています。正解できると合格率がUP!何度も挑戦しましょう!

「国民年金」に関する問題一覧

以下のリストは表示専用です。国民年金に関する問題を解く場合は「問題を解く」ボタンを押してください。

  1. (1)中小企業退職金共済、小規模企業共済および国民年金基金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    2022年(令和4年)5月 過去問

  2. (2)国民年金基金、小規模企業共済および中小企業退職金共済に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    2022年(令和4年)9月 過去問

  3. (3)国民年金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    2021年(令和3年)5月 過去問

  4. (4)国民年金の保険料に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    2020年(令和2年)9月 過去問

  5. (5)国民年金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか

    2023年(令和5年)5月 過去問

  6. (6)国民年金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    2019年(平成31年)1月 過去問[解説付き]

  7. (7)国民年金および厚生年金に係る「財政の現況及び見通し」(いわゆる財政検証)に関する次の記述の空欄(ア)〜(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

    ・政府は、少なくとも( ア )ごとに、保険料、国庫負担の額、保険給付に要する費用の額などの現況および見通しを作成しなければならない。 ・「財政の現況及び見通し」は、作成する年以降おおむね100年を財政均衡期間と定め、収入と支出のバランスをとる期間としているが、そのバランスをとるために年金の給付水準を調整する仕組みが( イ )である。 ・一定の条件を満たす夫婦2人を想定した世帯が受給し始める年金額(いわゆるモデル年金)の現役男子の平均手取り収入額に対する割合である所得代替率が( ウ )を上回ることとなるような給付水準を将来にわたり確保することが求められている。

    2020年(令和2年)9月 過去問