公開市場操作

公開市場操作に関する問題の一覧です。出題傾向を把握したり、出題頻度を確認して、効率的に勉強しよう!

公開市場操作の出題頻度

40%

公開中の20テストにつき8回出題

出題頻度は高いです。3回に一回以上出題されています。正解できると合格率がUP!何度も挑戦しましょう!

「公開市場操作」に関する問題一覧

以下のリストは表示専用です。公開市場操作に関する問題を解く場合は「問題を解く」ボタンを押してください。

  1. (1)次の文章の(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを選択肢のなかから選びなさい。

    日本銀行の金融政策の1つである( ① )により、日本銀行が長期国債(利付国債)を買い入れた場合、市中に出回る資金量が( ② )する。

    2023年(令和5年)1月 過去問[解説付き]

  2. (2)次の文章の(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを選択肢のなかから選びなさい。

    日本銀行が売りオペレーションを行うと、市場の資金量が( ① )することから、市場金利は( ② )する。

    2018年(平成30年)5月 過去問[解説付き]

  3. (3)次の文章を読んで、正しいものまたは適切なものには○を、誤っているものまたは不適切なものには×を選びなさい。

    日本銀行による金融引締め政策は、一般に、日本の株式市場における株価の上昇要因となる。

    2018年(平成30年)5月 過去問[解説付き]

  4. (4)次の文章を読んで、正しいものまたは適切なものには○を、誤っているものまたは不適切なものには×を選びなさい。

    日本銀行の金融政策の1つである公開市場操作(オペレーション)のうち、国債買入オペは、日本銀行が長期国債(利付国債)を買い入れることによって金融市場に資金を供給するオペレーションである。

  5. (5)次の文章を読んで、正しいものまたは適切なものには○を、誤っているものまたは不適切なものには×を選びなさい。

    日本銀行の金融政策の1つである公開市場操作(オペレーション)のうち、国債買入オペは、日本銀行が長期国債(利付国債)を買い入れることによって金融市場から資金を吸収するオペレーションである。

    2022年(令和4年)9月 過去問[解説付き]

  6. (6)次の文章を読んで、正しいものまたは適切なものには○を、誤っているものまたは不適切なものには×を選びなさい。

    日本銀行の公開市場操作による買いオペレーションは、市中の資金量を増加させ、金利の低下を促す効果がある。

    2019年(令和元年)5月 過去問[解説付き]

  7. (7)次の文章を読んで、正しいものまたは適切なものは○を、誤っているものまたは不適切なものは×を選びなさい。

    日本銀行の金融市場調節の主な手段の1つである公開市場操作において、日本銀行が国債の買入れを行えば、市中に出回る資金量は増加する。

    2018年(平成30年)9月 過去問[解説付き]

  8. (8)次の文章を読んで、正しいものまたは適切なものには「○」を、誤っているものまたは不適切なものには「×」を、解答用紙にマークしなさい。

    日本銀行の金融政策の1つである公開市場操作において、日本銀行が金融機関の保有する有価証券等の買入を行えば、市中に出回る資金量は増加する。

    2017年(平成29年)9月 過去問[解説付き]

公開市場操作の解説
公開市場操作

▼買いオペ
日本銀行が債権などを買い、銀行にお金を供給します。すると、市中のお金が増えて、金利が下落しお金が借りやすくなるので、景気が促進されます。主にデフレ(物価が低すぎる)のときに行われます。

▼売りオペ
日本銀行が債権などを売り、銀行からお金を吸収します。すると、市中のお金減り、金利が上昇しお金が借りにくくなるので、景気を抑制します。主にインフレ(物価が高すぎる)のときに行われます。