全部で20問 挑戦中

現代社会と福祉

問題

日本の人口動向

「平成27年版厚生労働白書」における日本の人口動向に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

(注)「夫婦の完結出生児数」とは、結婚持続期間(結婚からの経過期間)15〜19年夫婦の平均出生子ども数であり、夫婦の最終的な平均子ども数とみなされる。
  • (1)

    • 「夫婦の完結出生児数」は、2010年(平成22年)に2.0人を割り込んだ。

    • 人口増加率は、2011年(平成23年)からプラスで推移している。

    • 生産年齢人口の割合は、1992年(平成4年)から横ばいで推移している。

    • 30歳代後半の男性雇用労働者について、配偶者のいる割合をみると、2012年(平成24年)時点で、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間に差はない。

    • 50歳時点での未婚率は、2010年(平成22年)時点で、男性より女性の方が高い。