全部で30問 挑戦中

現代社会と福祉

問題

子供の貧困対策に関する大綱

「子供の貧困対策に関する大綱」(2014年(平成26年)8月閣議決定)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

  • (1)

    • 貧困の状況にある子供の体験活動を推進する自治体に、「子どもゆめ基金」から助成することとした。

    • ひとり親家庭に、生活支援と就業支援を組み合わせた支援メニューをワンストップで提供できるよう、就業支援専門員の配置など必要な支援を行うこととした。

    • 低所得世帯の学校給食費を一律に無料化した。

    • 生活困窮世帯の子供を対象に実施される学習支援事業を生活困窮者自立支援制度の自立相談支援事業に統合することとした。

    • 両親が離婚した子供の養育費相当額を自治体が負担することとした。