全部で50問 挑戦中

(共通)障害者に対する支援と障害者自立支援制度

問題

「障害者総合支援法」における障害福祉サービスに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

(注)「障害者総合支援法」とは、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。
  • (1)

    • 視覚障害者に対する同行援護は、障害支援区分2以上の者が対象である。

    • 50歳以上の者に対する生活介護は、障害支援区分2(障害者支援施設に入所する場合は区分3)以上の者が対象である。

    • 居宅介護や重度訪問介護において、一定の研修を修了した介護職員が、医師の指示の下で喀痰吸引(かくたんきゅういん)と摘便を実施できるようになった。

    • 医療型短期入所は、医療機関及び医師の常勤配置のある障害者支援施設において実施できる。

    • 重度の肢体不自由者のみが対象であった重度訪問介護は、行動障害を有する障害支援区分3以上の者も利用できるようになった。