全部で21問 挑戦中

(共通)社会保障

問題

雇用保険などの給付に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

(注1)「一般被保険者」とは、雇用保険の被保険者のうち、高年齢継続被保険者、短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者以外の者である。
(注2)「求職者支援法」とは、「職業訓練の実施等による特定求職者の就職の支援に関する法律」のことである。
  • (1)

    • 新規学卒者が就職できない場合には、失業者に該当し、雇用保険の被保険者でなくても基本手当を受給することができる。

    • 一般被保険者は、離職して厚生労働大臣指定の教育訓練講座を修了しなければ、教育訓練受講給付金を受給することができない。

    • 一般被保険者である父母が、同一の子について育児休業を取得する場合、それぞれ必要な被保険者期間を満たしていれば、両方の者が育児休業給付金を受給できる。

    • 基本手当を所定給付日数分、残さず受給して再就職した場合、就業促進手当を受給することができる。

    • 雇用保険の被保険者でない者は、「求職者支援法」による職業訓練受講給付金を受給することができない。