全部で50問 挑戦中

[午前]社会の理解

問題

介護保険制度の動向に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。

  • (1)

    • 介護保険法の制定に併せて,老人福祉計画策定等を盛り込んだ福祉八法改正(1990年(平成 2 年))がなされた。

    • 介護保険法の制定後,その実施促進のために高齢者保健福祉推進十か年戦略(ゴールドプラン)が策定された。

    • 2005年(平成17年)の介護保険法改正によって,介護予防を重視した制度見直しが行われた。

    • 2009年(平成21年)の要介護の認定者数は,2001年(平成13年)に比べて大きく減少した。

    • 2011年(平成23年)の介護保険法改正によって,地域包括支援センターが創設された。

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    1、誤り。福祉八法改正は平成2年(1990年)で合っているが、介護保険法は平成9年(1997年)12月制定。
    
    2、誤り。介護保険法は平成9年(1997年)12月制定。ゴールドプランは1989年。
    
    3、正しい。
    
    4、誤り。要介護者は減少していない。増加している。
    
    5、誤り。2005年の介護保険法改正で創設された。