全部で36問 挑戦中

[午前]社会の理解

問題

Cさん(50歳,女性)は,身体障害者手帳2級を所持している。最近,日常の家事が十分にできなくなったので,「障害者総合支援法」に基づく居宅介護を利用したいと考えて,知り合いの介護福祉士に尋ねた。

介護福祉士の対応に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

(注)「障害者総合支援法」とは,「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。
  • (1)

    • 身体障害者更生相談所で医学的判定を受けなければならないことを説明する。

    • 障害支援区分の認定を受ける必要があることを説明する。

    • すぐに居宅介護事業所とサービスの利用契約書を取り交わすように説明する。

    • 医師の意見書を持って相談支援事業所に行くように説明する。

    • Cさんのサービス利用の希望を介護支援専門員(ケアマネジャー)に伝えておくと説明する。

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    「障害者総合支援法」に基づいた支給決定までの流れは次のようになる。
    
    1,市町村に申請を行う
    2,認定調査員が聞き取り調査を行う
    3,障害程度区分の認定を受ける。
    4,コンピューターで一次判定を行った後、市町村審査会で二次判定を行い障害支援区分が決定する。
    5,市町村が支給決定を行う。
    6,市町村から交付された受給者証をもって希望の事業者と契約する
    
    この流れから「障害支援区分の認定を受ける必要があることを説明する。」が最も適切となる。