全部で720問 挑戦中

ライフプランニングと資金計画

問題

次の各文章を読んで、正しいものまたは適切なものには「正しい」を、誤っているものまたは不適切なものには「誤り」を、解答用紙にマークしなさい。

弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、将来の財産管理について相談を受けた顧客本人の求めに応じ、その顧客の任意後見受任者となることは、弁護士法に抵触する。
  • (1)

    • 正しい

    • 誤り

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    誤り。任意後見受任者は、特別な資格は必要ない。