全部で50問 挑戦中

個人資産相談業務

問題

次の設例に基づいて、下記の各問に答えなさい。

Aさんの平成28年分の所得税に関する次の記述について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
Aさんの不動産所得の金額の計算上生じた損失の金額のうち、土地等を取得するために要した負債の利子に相当する部分の金額は、損益通算の対象とならない。
  • (1)

    •  ○ 

    •  ×