全部で34問 挑戦中

章なし

問題

活断層に関する次の文章を読み、下の問いに答えよ。

次の図1は、走向が南北の活断層を東西に横切る2地点AB間の断面図である。この活断層で[(a)観測点Rの直下を震源とする逆断層型の地震が発生し、地殻変動が観測された。]地下構造を推定するために、AB問で[(b)重力異常 ]と[(c)地下での地震波の伝わり方 ]が調べられ、図1のように岩石層の上に新しい堆積層が重なる構造になっていることがわかった。なお、岩石層は堆積層に比べて密度が大きく、地震波速度が速い。また、密度と地震波速度は各層内においてそれぞれ一定とする。

上の文章中の[(a)]に関連して、次の文章中の[ ア ]・[ イ ]に入れる語の組合せとして最も適当なものを、下の選択肢のうちから一つ選べ。

この地震のときの観測点RにおけるP波初動は[ ア ]であった。また地殻変動の結果、観測点Rは地点Bに対して[ イ ]。ただし、断層運動は横ずれを伴っておらず、図中の断層上におけるずれの量は場所によらず一定とする。また、P波初動の押し引きは震源付近での断層運動で決まるとする。
  • (1)

    • ア:押し イ:近づいた

    • ア:押し イ:遠ざかった

    • ア:引き イ:近づいた

    • ア:引き イ:遠ざかった