全部で108問 挑戦中

章なし

問題

世界史上の軍隊について述べた次の文章を読み、下の問いに答えよ。

中世末期から近世初期のヨーロッパ諸国において、軍隊の主力は、戦時に際し臨時に雇用される傭兵だった。三十年戦争時、神聖ローマ皇帝軍として、スウェデン国王[ ア ]と戦った[ イ ]の軍隊は、その代表例である。ただし、こうした傭兵の雇用には多額の資金が必要であったため、経済的苦境に陥る君主・諸侯も多かった。その中には、1557年のスペインや[ ①フランス ]のように負債支払いを一方的に停止する例も現れている。それゆえ、諸国は[ ②税制 ]の整備を図る一方で、軍制そのものについても変革を模索するようになる。
文章中の空欄[ ア ]と[ イ ]に入れる語の組合せとして正しいものを、次の選択肢のうちから一つ選べ。
  • (1)

    • ア - ミハイル=ロマノフ イ - リシュリュー

    • ア - ミハイル=ロマノフ イ - ヴァレンシュタイン

    • ア - グスタフ=アドルフ イ - リシュリュー

    • ア - グスタフ=アドルフ イ - ヴァレンシュタイン