全部で10問 挑戦中

章なし

問題

光による発芽率

生物の環境応答に関する次の文章を読み、下の問いに答えよ。

 (c)レタスの種子の光発芽では、フィトクロムが光受容体としてはたらくことが知られている。フィトクロムは、X型とY型の二つのかたちをとり、X型は波長660nm付近の光を吸収してY型へ、またY型は波長730nm付近の光を吸収してX型へと、可逆的に変化する。異なる光環境がレタスの種子の光発芽に与える影響について調べるため、次の実験1・実験2を行った。



実験1
直射日光があたる日なたの条件と、他の植物の葉の陰となる日かげの条件において、光の強さを波長ごとに調べたところ、次の図1の結果が得られた。

実験2
生育に適した一定の温度条件において、暗所で十分に吸水させたレタスの種子それぞれ100粒に対し、次の図2のⅠ〜Vに示すように、図1の各光条件を組み合わせて処理した。48時間後に発芽率(発芽した種子数の割合)を調べたところ、図2の右側に示す結果が得られた。

実験2において、図2のVの結果([ キ ])として最も適当なものを次の選択肢のうちから一つ選べ。
  • (1)

    • 0%

    • 20%

    • 60%

    • 100%