全部で108問 挑戦中

章なし

問題

原始・古代の漆と香の文化に関する次の文章読み、下の問いに答えよ。(史料は、一部省略したり、書き改めたりしたところもある。)

 “japan”ともよばれてヨーロッパで珍重された漆の製品は、日本の伝統的な工芸品である。漆の利用は古く、縄文早期の遺跡から赤色漆塗りの製品が出土している。漆は塗料のほか、接着剤としても使用された。縄文を施した土器や、人間を模した造形の[ ア ]などとともに、漆製品は縄文時代の文化を代表する。
 奈良時代には、漆を用いた乾漆の技法によって多くの仏像がつくられた。
[ イ ]はその一例である。また、各地の漆を使用した工房跡などから点液が染みこんで硬化し、土中で分解されずに残存した紙が出土している。これは容器に入れた漆の乾燥を防ぐための蓋紙(ふたがみ)で、おもに役所で不要となった文書が再利用された。ⓐ漆液の染みこんだ文書は漆紙文書(うるしがみもんじよ)とよばれ、古代史研究の貴重な史料である。
 平安時代には、螺錨や蒔絵などの技術も確立し、調度品や建物を装飾した。また赤色漆を塗った食器は「朱器」とよばれ、藤原冬嗣が所有していたとされる朱器(しゅき)は、ⓑ藤原氏の氏長者に代々伝えられて、権力の象徴ともなった。

下線部ⓐに関連して、多賀城跡から出土した上の史料(漆紙文書)に関して述べた下の文X・Yについて、その正誤の組合せとして正しいものを、下の選択肢のうちから一つ選べ。
X 「猿売」は女性なので、調・庸を負担しなかった。
Y 計帳を使った支配は、東北地方にまでおよんでいた。
  • (1)

    • X 正 Y 正

    • X 正 Y 誤

    • X 誤 Y 正

    • X 誤 Y 誤

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    X 正しい。
    Y 正しい。