全部で46問 挑戦中

章なし

問題

乾いた丸底フラスコにアンモニアを一定量捕集した後、図1のような装置を組み立てた。ゴム栓に固定したスポイト内の水を丸底フラスコの中に少量入れたところ、ビーカー内の水がガラス管を通って丸底フラスコ内に噴水のように噴き上がった。この実験に関する記述として誤りを含むものを、下の選択肢のうちから一つ選べ。

  • (1)

    • アンモニアを丸底フラスコに捕集するときには上方置換法を用いる。

      正しい。
    • ゴム栓がゆるんですき間があると、水が噴き上がらないことがある。

      正しい。
    • 丸底フラスコ内のアンモニアの量が少ないと、噴き上がる水の量が少なくなる。

      正しい。
    • 内側が水でぬれた丸底フラスコを用いると、水が噴き上がらないことがある。

      正しい。
    • ビーカーの水にBTB(ブロモチモールブルー)溶液を加えておくと、噴き上がった水は青くなる。

      正しい。
    • アンモニアの代わりにメタンを用いても、水が噴き上がる。

      誤り。メタンは水に溶けにくいため、水は噴き上がらない。